Skip to content

正しいシャンプーの使い方

最近、いろんなところで「ノンシリコンシャンプー」という名前を耳にしませんか。成分の良いノンシリコンシャンプーを使って安心になった人は少ないでしょう。シャンプーはほぼ毎日行うもので、頭皮に与える影響はとても大きいと言われています。だから、シャンプーの良さばかりに頼る事ができません。

なら、どうすれば良いのですか。 答えはそのシャンプーの正しいやり方なのです。間違った洗い方や洗い残しがあるようではしっかり洗いきれないだけでなく、頭皮や髪を痛め、薄毛の原因にもなります。髪の毛を清潔で健康な状態に保つために、正しい洗い方を心がけましょう。

シャワーで洗い流す時、シャンプーの馴染みを良くすると共に、髪の毛についた汚れやほこりの八割を取り除くことができます。髪の毛だけではなく指の腹で地肌も洗います。洗髪の時、熱すぎるお湯は頭皮の乾燥を招いたり、逆に皮脂の過剰分泌につながるので注意しましょう。

シャンプー剤を直接地肌につけると、刺激が強すぎて被れや薄けの原因になってしまいます。シャンプー剤は適量を一度手の平で軽く泡立ててからシャンプーをします。シャンプー剤が多すぎると、洗い残しの原因にもなるので気をつけましょう。

髪全体にシャンプーが行き渡るように泡立ててから指の腹で頭皮を揉むように洗うのはお勧めです。生え際から頭頂部に向かって、両手の指の腹で頭全体の地肌を洗ってください。

洗い残しがないように、念入りにすすぎましょう。シャンプーの成分が地肌に残っていると、かぶれたり、毛穴がつまり、抜け毛の原因にもなります。目安は三分から五分程度、丁寧に行います。

また、シャンプーの選びもともて大切です。シャンプーの中に硫酸系洗浄剤などの成分があると避けましょう。成分の中に硫酸系が入るシャンプーは髪と頭皮にダメージを与えます。洗浄力が強いシャンプーを使うと髪の毛がパサパサし、乾燥します。しっとりタイプなどダメージや保湿に力を入れた商品を選ぶのがおすすめです。

Copyright © 2015 シャンプーの総合情報を紹介します All rights reserved.